善玉菌のチカラと乳酸菌革命・ビフィーナを比較!どっちどれを買うべきか

腸内環境改善に乳酸菌サプリは人気がありますよね。

 

しかし乳酸菌サプリといっても、実にたくさんの種類が発売されているので、どれを購入したら良いのか悩んでしまうところです。

 

今回は乳酸菌サプリのなかでも販売実績が高く人気の善玉菌のチカラと乳酸菌サプリ、ビフィーナに注目してみました。

 

この3種類の乳酸菌サプリならどれを買うべきか?

 

コスパや効果の期待度などをいくつかの要素を比較してみました!

 

善玉菌のチカラと乳酸菌革命、ビフィーナを比較した結果!

人気の高い3種類の乳酸菌サプリを比べた結果を紹介します!

 

善玉菌のチカラがコスパに優れおすすめ

 

善玉菌のチカラは乳酸菌クレモリス菌FC株が配合されている乳酸菌サプリです。カスピ海ヨーグルト由来のフジッコ独自の乳酸菌、さらに食物繊維やカルシウムが配合されていながら、通常価格で2,550円とコスパに優れている乳酸菌サプリです。
価格:通常価格2,550円(税込)、定期初回1,550円(税込)
1日の飲む量:1日1粒目安
菌の種類:乳酸菌クレモリス菌FC株
その他配合成分:カルシウム、食物繊維
機能性表示食品か:〇

 

配合数なら乳酸菌革命

 

乳酸菌の配合数で選ぶなら乳酸菌革命がおすすめです。乳酸菌には数多くの種類がありますが、乳酸菌革命にはビフィズス菌やラブレ菌、ガゼリ菌などの有名な乳酸菌を含めた16種類が配合されています。1日2粒の摂取でバランス良く乳酸菌を摂れるのでおすすめです。
価格:通常価格3,240円(税込)、定期価格2,970円(税込)
1日の飲む量:1日2粒目安
菌の種類:ビフィズス菌・ラブレ菌・ガゼリ菌など、乳酸菌16種類
その他配合成分:食物繊維(イヌリン・難消化デキストリン)、ガラクトオリゴ糖
機能性表示食品か:×

 

店頭買いしたいならビフィーナ

 

サプリは通販限定の商品も多いですが、ビフィーナは店頭で購入することも可能です。取り扱っている店舗はそこまで多くはないのですが、店頭で購入したい方におすすめです。
ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を1日摂取目安量あたり100億個摂ることが出来る機能性表示食品です。
価格:通常価格5,400円(税込)、定期価格4,320円(税込)
1日の飲む量:1日1袋
菌の種類:ビフィズス菌(ロンガム種BB536)、アシドフィルス菌、ガセリ菌
その他配合成分:オリゴ糖
機能性表示食品か:〇

価格を比較!

価格で比較すると、おすすめは善玉菌のチカラになります。継続して飲み続ける場合、コスパの良さは重要なポイントですよね。

 

もちろん安いだけで効果が期待出来ないものでは意味がありませんが、善玉菌のチカラは中身もしっかりとしているサプリです。

 

配合されている乳酸菌は、カスピ海ヨーグルト由来のクレモリス菌FC株。クレモリス菌FC株をサプリで摂ることが出来るのは、フジッコの善玉菌のチカラはならではです。

 

クレモリス菌FC株は大腸まで生きて届きやすい強い乳酸菌です。生きた乳酸菌を取り入れて腸内環境改善に繋がることが期待出来ます!

 

さらにカスピ海ヨーグルトならではの粘りを生み出すのがクレモリス菌FC株。その粘りにクレモリス菌FC株ならではの健康効果が詰まっています。腸内環境の改善を始め、アレルギー症状の改善や免疫力アップ、メタボの予防・改善効果などがあるといわれています。

 

しっかりとした効果が期待出来て価格も抑えられているのが善玉菌のチカラです。

乳酸菌の種類、配合成分を比較!

配合されている乳酸期のの種類で比べると、乳酸菌革命が優れています!一度に何種類もの乳酸菌を効率良く摂ることが出来るのは乳酸菌サプリならでは。

 

そのなかでも乳酸菌革命なら16種類の乳酸菌を一度に摂ることが可能です。ビフィズス菌やラブレ菌、ガセリ菌などの数多くの乳酸菌がカプセルのなかに詰まっています。

 

カプセルは胃酸や胆汁酸から乳酸菌を守ってくれる耐酸性カプセル。酸に強いカプセルで守ることで、数多くの乳酸菌が大腸まで届けられるので安心です。

 

必要な乳酸菌はしっかりと配合されていますが、不必要な食品添加物は使われていないのもポイントです。

飲みやすさを比較!

飲みやすさで比較すると、善玉菌のチカラがおすすめです。

 

善玉菌のチカラの摂取目安は1日1粒、乳酸菌革命の場合は1日2粒。

 

ビフィーナの場合はビフィズス菌や乳酸菌がたくさんの細かなカプセルに入っています。顆粒のオリゴ糖も合わさった粉薬のようなものを1日1袋飲みます。

 

この3種類を比較すると、1日1粒のカプセルを飲むだけの善玉菌のチカラが一番飲みやすいといえるでしょう。

効果の期待度を比較!

効果の期待度の高さでは善玉菌のチカラとビフィーナが高くなっています。

 

カスピ海ヨーグルト由来の善玉菌のチカラ

 

すでにお話しているように、善玉菌のチカラではカスピ海ヨーグルト由来のクレモリス菌FC株が配合されています。フジッコはカスピ海ヨーグルトに関する研究を、専門機関と共同で10年以上行ってきた実績があります。そこで培われたノウハウが生かされているのが善玉菌のチカラです。

 

クレモリス菌FC株は高い有用性が期待出来ることが出来る乳酸菌です。

 

さらに食品メーカーとしてのノウハウを生かし、海藻由来の食物繊維「アルギン酸カリウム」が配合されていて、クレモリス菌FC株との相乗効果が期待されます。

 

有用性の高いビフィズス菌をしっかり摂れるビフィーナ

 

ビフィーナに配合されているのははロンガム種BB536というビフィズス菌です。ロンガム種BB536は腸内フローラを良好にする効果があることが報告されているビフィズス菌です。

 

ビフィーナには有用性の高いビフィズス菌(ロンガム種BB536)が1袋に100億個ぜいたくに配合されています!

 

さらに森下仁丹独自のカプセルは、ビフィズス菌を生きたまま大腸へ届けてくれます。生存率は約90%とされています。

 

販売実績も高いビフィーナ。機能性表示食品として認められていますし、効果への期待度が高まります!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

人気のサプリにはそれぞれ特徴がありますね。コスパの良さ、効果の高さなどを比べて自分にあったものを選んでみてはどうでしょうか?